遺産分割

相続された遺産を相続人が分けることを指します。遺言がある場合を除き、相続人全員で「誰が」「何の財産を」「どの方法で」「どのくらい」取得できるかを決めます。その協議をした後、財産の相続を実行します。

不動産の遺産分割は「現物分割」「共有分割」と「代償分割」、そして「換価分割」の4つが代表的です。現物分割は不動産を現物のまま分割(例えば土地を複数に分ける)して相続します。共有分割は、例えばマンションの名義を複数の相続人で共有することです。

代償分割は一方は不動産、もう一方はその不動産に見合った他の財産(例えば現金など)を相続します。最後の換価分割とは、不動産を売却して、その売却益を分割する方法です。

相続税

相続税の基礎控除

相続税を計算する時には、まずその財産額(相続税評価額)を計算します。その財産額に対して「誰でも控除できる額」が相続税の基礎控除です。相続税の基礎控除は「3,000万円+(法定相続人×600万円)」と決まっています。

仮に、相続財産が1億円あり、法定相続人が3人いるとします。その場合には「相続額1億円-(3,000万円+3人×600万円)」となり、5,200円万円が相続税評価額になります。この5,200万円に所定の税率を掛けて相続税は計算されるということです。

相続登記

相続が発生した時に、土地や建物の権利を相続人の名義に書き換えることを相続登記といいます。相続登記をする時には、遺言書に従って登記する方法と、法律に従って登記する2つのパターンがあります。

仮に被相続人(亡くなった方)の遺言書があり、その遺言書が有効な書面であれば、遺言書に従って相続登記されます。また、遺言書がなかったり、遺言書が無効となったりした場合には、法律で定められた割合に応じて協議して相続登記をします。協議内容に関しては、遺産分割協議書として正式な書面で作成し保管しておきます。

相続人

亡くなった人の財産を受け継ぐ(相続)ことが出来る人を相続人といいます。相続人の範囲や法定相続人は、民法で定められています。基本的には、亡くなった人の配偶者は常に相続人となりますが、配偶者以外の人は順序が決まっています。

「被相続人(亡くなった人)の子供」が次の順位で第1順位といいます。その子供が亡くなっている場合は孫に相続権が移ります。また、子供も孫もいる場合には子供が優先されます。次の第2順位は「直系尊属(父母や祖父母など)」になり、父母も祖父母もいる場合には父母が優先されます。また、第1順位がいる場合には第2順位は相続できません。

最後の第3順位は「被相続人の兄弟姉妹」になります。兄弟姉妹がなくなっている場合にはその子供が相続人になります。同じく、第2順にいる時には相続権はありません。

贈与税