一括査定というとピンと来ないかも知れませんが、要は複数の不動産会社から「相見積もりを取る」ということです。
「相見積もり」(俗に言う「あいみつ」)は、昔からどの業界でも当然のように行われてきたことですが、最近では不動産売却を考えている物件オーナーの中で、一括査定サービスを利用する割合が急激に増えています。

その理由の多くは、『短時間で、簡単に、適切に不動産選びができる』というもの。
そしてその利用者の多くが、「予想よりも高い金額で売却できた」「想定よりも早くに売れて助かった」と満足いく結果を得られているようです。
もはや不動産売却に欠かせない存在になりつつある不動産一括査定サービス。その必要性について紹介しましょう。

①不動産会社によって査定額が違う

査定額とは、その不動産会社が「この金額なら売れる」と想定する金額のことです。つまり査定額が高いほど、マイホームや自分の土地などが高く売れる可能性が高いことを示しています。

不動産会社によって査定額が違うことは珍しいことではありません。場合によっては1,000万円ほども差が出ることもあります。査定を依頼する不動産会社を間違えると、下手すれば1,000万円も損をしてしまう可能性があるということです。1,000万円といえば、人生をも左右する金額です。ほんの少しの手間を惜しんで済ませる金額じゃありませんよね。

そもそも査定額とは、不動産各社が似たような物件の売却相場や同エリアの売買事例などを参考にし、独自で算出します。その参考データは、不動産各社が所有する販売実績等に基づくものです。そのため、不動産会社によって査定額に差があって然るべきです。

ただし注意すべきなのは、他の不動産会社の査定額よりも飛び抜けて高い額を提示された場合です。車などの査定額と違い、不動産の査定額は「査定額=売却額」ではありません。車の場合は直接買い取りですが、不動産会社はあくまでも物件を購入する買主との仲介だからです。そのため査定額は売却額を保証するものではないのです。

これを利用して、仲介契約を取るために、本来の査定額よりも「あえて」高めに設定する不動産会社があります。このような不動産会社と契約をしてしまうと、とうぜん適正な金額ではないため、査定額を大幅に下回る金額でしか売却できない結果となってしまいます。

そんな不動産会社を見極めるためには、必ず「査定額の根拠」を確認しましょう。根拠が曖昧だったり、不適切な場合は、契約目的のために査定額に上乗せしている恐れがあります。

1社のみの査定だと、そもそも査定額が適正かどうかの判断すらつきません。こうした悪徳な不動産会社と契約しないためにも、複数の会社から査定を取り、マイホームの相場を正しく知ることが必要なのです。

>>不動産一括査定サービス一覧

②不動産会社によって、売るのが得意な物件・不得意な物件がある

不動産によって、売るのが得意な物件・不得意な物件がある

一般的にはあまり知られていないことですが、実は不動産会社によって、売るのが得意なエリアや物件の種類などが異なります。得意なエリアや物件の種類・・と言ってもあまりピンと来ない方も多いかも知れません。具体的にどういうことなのか、詳しく説明していきましょう。

◎得意エリアの方が、購入希望者の心を動かしやすい

得意エリアとは、不動産会社が住環境に関する情報をたくさん有しているエリアのことです。またほとんどの場合、不動産店舗も近隣エリア内に所在しているため、同エリア内に見込み客を多く持っていることもあります。

あなたがマイホームを購入した時のことを思い出してみましょう。あなたは購入する家を決めるとき、何を基準に判断しましたか?

大きな判断基準としては、間取り、広さ、各種設備、日当たり、窓からの景観など、物件自体の条件でしょう。しかし、それだけで判断したわけではないはずです。住環境(駅からの近さ、最寄りスーパーやコンビニ・病院・子供が通う保育園や小学校からの距離、近隣住民とのコミュニティ、治安など)に関しても様々な条件を考慮したのではないでしょうか。

物件自体の条件に関してはどの不動産会社でも持ち得る情報ですので、情報量や質に違いはほぼありません。けれど住環境に関しては、そのエリアに詳しければ詳しいほど購入希望者に合わせた有意義な情報を提供することが出来るため、購入者の心を動かしやすく購入に繋げることが容易になります。逆にそのエリアに詳しくない不動産会社は、購入希望者に対して十分な情報提供が出来ないため、どうしても営業力に欠けてしまいます。

◎得意種別が決まっている方が、早く・高く売れる可能性が高い

得意物件の種別に関しては、その不動産会社があなたの売りたい物件の見込み客をどれだけ持っているかということです。マンションと戸建て物件とでは、購入を希望するユーザー層はまるで異なります。どんなに戸建て物件の見込み客をたくさん持っている不動産会社だったとしても、その見込み客にマンションを売ることはとても難しいのです。

また物件種別に合わせた販売戦略を持っているかも重要なポイントです。マンションならマンション販売に特化した不動産会社の方が、そのユーザー属性に合わせた販売戦略をしっかりと持っている可能性が高いです。

とは言っても、販売戦略の良し悪しについて判断することは難しいと思います。ですから不動産会社選びの際には、あなたのマイホームに近い条件の物件の同エリア内での販売実績を確認してみてください。1社のみの情報では判断つきにくいですが、複数社の情報を聞けば比較しやすいと思います。

③最終的には重要なのは担当営業マンの質

最終的には重要なのは担当営業マンの質

契約した不動産会社が、どんなに販売実績があり、高い査定額を出してくれる良い会社だったとしても、結局あなたの家を売ってくれるのは担当する営業マンです。とても残念なことではありますが、どれだけ実力ある不動産会社だったとしても、すべての営業マンが優秀であるとは限りません。それは大手不動産でも同じことです。むしろ大手の方が、営業マンの力量の差は大きいです。

そのため、最終判断は必ず「あなたのマイホーム売却を担当する営業マンが誰か」で判断するようにして下さい。

机上査定だけでは営業マンの手腕までは分かりませんが、訪問査定で面と向かって話をすれば、担当者がある程度どういう人かは掴むことが出来ます。例えば、「時間・期限を守れない」「口調が軽い」「言っている内容に一貫性がない」「礼儀に欠ける」などの営業マンだった場合、絶対に信用なんて出来ませんよね。そんな極端な違いはなかったとしても、複数の不動産会社の営業マンと会うことで、担当者の話が適切か信憑性があるかなどは判断することができます。

また住み替え希望の人は、一緒に新居購入の相談もしてみると良いです。あなたへの営業トークがそのままあなたの家を売る時の販売トークですから、あなた自身が心を動かされるようならば「当たり」と思って良いでしょう。

いずれにしろ、やはり複数人の営業マンを見て比べてこそ、正しい判断が出来るようになります。面倒ではありますが、あまり数を絞らず訪問査定まで行ってもらう方が良いです。

この時に注意すべきなのは、訪問査定に来てくれた営業マンが必ずしも担当するわけではないということです。査定だけは成績の良いベテラン営業マンが担当し、その後の販売は新人営業マンが担当するというのはよくある話です

そんなトラップに引っ掛からないようにするには、訪問査定の際に必ず「担当する方はどなたですか?」と確認を行いましょう。もしその場にいない場合は、査定担当者よりも営業力が劣ることはほぼ間違いありません。もしその査定担当の営業マンが良ければ、担当を代わってもらうことが出来ないか相談してみましょう。その可否で判断すると良いと思います。

>>不動産一括査定サービス一覧

不動産一括査定サービスとは?

必要情報をサービス提供会社のサイトから入力するだけで、複数の不動産会社へ査定依頼を代わりに行ってくれるサービスです。言葉だけでは分かりづらいので、図式にしてみました↓

一括査定サービスの説明図式

◎メリット

・必ずしも使う必要はないが、使った方が断然楽で早い
・査定を依頼する不動産会社を選ぶのに素人では判断が難しい
あらかじめ運営会社が審査した不動産会社だからおかしな不動産会社はない
(クレームが多いとサービス提携から外される仕組み)
・利用料は無料
不動産会社が集客の対価として支払うため、利用者側には負担はない
・同時期に複数不動産の査定が分かる
(時期がズレると、同じ不動産・同じ物件でも査定額が変わることがある)

一括査定サービスを使わずに自分で不動産会社へ査定依頼する場合、複数の業者へ何度も連絡する必要があり、とても面倒で時間がかかります。そもそも、どの不動産会社でも希望エリアの物件売却を取り扱っているわけではないため、まずは対応してくれる不動産会社から探さなければいけません。それだけでも一苦労です。

不動産一括査定サービスを使うと、予め提携しているエリア対応の不動産会社へ連絡してくれるため、あとは不動産会社からの連絡を待つだけ。電話が何度もあって困るという場合は、「メールでの連絡を希望する」と一言書いておけば、メールで査定額を知らせてくれます。

またもう1つの大きなメリットとしては、査定を依頼した不動産各社はすべて「相見積もりされることを前提」として査定額を見積もってくることです。当然、比較されることは十二分に承知していますので、絶対におかしな対応をしてくることはありません。

もしそのような対応をしてしまえば、一括査定サービスの登録が解除される仕組みになっています。そうなると不利益を被るのはむしろ不動産会社の方なので、そんなリスクを負ってまで誤魔化すような対応をする業者はいないに等しいと言えるでしょう。

◎デメリット

・依頼したい不動産会社からの査定がもらえるとは限らない
希望の不動産会社が一括査定サービスに登録してない場合もある
・最大6社からの査定とはあるが、地方の場合は対象不動産が少ない場合がある

不動産会社選びで失敗しない裏技

不動産選びで失敗しない裏技

一括査定サービスのデメリットを解消し得る、不動産選びで失敗しない方法とは、複数の一括査定サービスから査定依頼を行うことです。なぜなら、不動産一括査定サービスによって提携している不動産会社がまったく違うからです。大手の不動産会社に関しては複数の一括査定サービスと提携している企業もありますが、地域密着型の不動産で複数のサービスと提携してい会社はほとんどありません。

例えばイエウールスマイスターの2社から査定依頼し、それぞれ6社ずつ査定が届いた場合、そのうち不動産業者が被っているケースは1~2社(大手のみ)程度でしょう。そのため、10社ほどの不動産会社から査定が届くと思います。

査定が多ければ多いほど、不動産会社の見極めを正しく行うことが出来るようになります。また単純に母数が増えることにより、より良い不動産会社に出会う機会が増えるということでもあります。

特に地方の物件を売却したい場合は、複数の一括査定サービスのご利用を強くお勧めします。なぜならまだ地方では、この一括査定サービスと提携している不動産会社が少ないからです。そのため一括査定サービスを1社しか利用しない場合、査定が1~2社の不動産からしか届かないこともあります。だからこそ複数の一括査定サービスを利用して、6~10社ほどから査定をもらう必要があるのです。

>>管理人オススメの厳選4社はこちら

面倒かも知れませんが、場合によっては1000万円ほども売却額に違いが出る可能性を考えたら、その手間をかけるだけの価値はあるはずです。(面倒とは言っても、3社に依頼しても入力時間は合計3分程です)もし3社の一括査定サービスから査定依頼して10社以上の不動産が対象だった場合は、全ての会社に査定を依頼せず自分が好きな不動産のみを選択して依頼することも可能です。(もちろん全ての不動産から査定をもらうことも可能)

たった1~2分の手間を惜しみ、数百万から数千万の損をするリスクを考えれば、答えは火を見るより明らかですよね。少しでも手間を省きたい場合は、次の豆知識を活用してみてください。

①最初の会社に登録する際に、必要項目をパソコンのメモ帳などに記録しておく
②どのサービスも入力内容は同じなので、メモ内容を2・3社目でコピペしていく

この方法だとコピペの繰り返しだけなので、1社あたり20秒ほどで登録が終わると思います。

不動産の売却は、数千万というお金が動くとても高額な取引です。だからこそ、慎重に事を進める必要があります。その不動産売却の中で一番の肝となるのが、売却をお願いする「不動産会社選び」です。

不動産会社選びを誤ってしまうと、本来の価値よりも低い金額で売却するはめになってしまったり、不動産を早く現金化する必要があったのに出来ず自己破産に陥ってしまったり、といった事態に発展することさえあります。これなってしまっては「失敗」という言葉だけでは終わらせられませんよね。そうならないよう、まずは信頼できる不動産会社を選んでください。良い不動産会社に巡り合えることを願っています。

 

不動産の一括査定サービス会社一覧

イエウール

イエウール公式サイト

  • 提携不動産会社数:1200社以上
  • 運営年数:2年
  • 主な登録不動産:日本住宅流通、小田急不動産、三井住友トラスト不動産、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、近鉄不動産、住友不動産販売、ソニー不動産、センチュリー21、朝日住宅、三菱地所ハウスネット

>>イエウール公式:https://ieul.jp/

スマイスター

スマイスター公式サイト

  • 提携不動産会社数:約800社
  • 運営年数:9年
  • 主な提携不動産:野村の仲介、三好不動産スターン、ピタットハウス株式会社、HouseDo、FUKUYA、オークラヤ住宅、長谷工リアルエステート

>>スマイスター公式:https://sumaistar.com/

HOME4U(NTTデータ)

HOME4U(NTTデータ)公式サイト

  • 提携不動産会社数:約500社
  • 運営年数:15年
  • 主な提携不動産:大成有楽不動産販売、東急リバプル、野村の仲介、阪急不動産、三菱UFJ不動産販売

>>HOME4U公式:http://www.home4u.jp/

オウチーノ

オウチーノ公式サイト

  • 提携不動産会社数:約500社
  • 運営年数:5年
  • 主な提携不動産:三井のリハウス、オークラヤ住宅、野村の仲介、日本住宅流通、東急リバプル、住友不動産販売、大京穴吹不動産

>>オウチーノ公式:http://www.o-uccino.jp/