人生に一度有るか無いかのマイホーム購入。

物件の良し悪しもそうですが、担当する営業マンもしっかりとした方
を通して買いたいものです。

私は、以前本格的に中古マンション購入をしようと、
不動産会社に通った経験が有ります。

その時出会った、とんでも無い営業マンとの1日をご紹介します。

1、ネットからの問い合わせの返信に顔文字

スー○に掲載されていた物件でとても魅力的な物件が有ったので、
空いているかどうか問い合わせると、すぐに返信が届きました。

↓以下原文コピーです

「○○様
スー○よりお問い合わせいただきありがとうございます<(_ _*)> アリガトォ

お問い合わせいただいた物件でございますが、まだ売れておりません!!

良い物件なのに、なんで売れないんでしょうか・・・

僕にはわかりませんので、ぜひ○○様にご判断いただきたいです!ヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))」

いつでも現地の見学が出来ますので、ぜひご連絡いただければと思います。」
と、物件の事についての質問には一切触れられず、
まるでふざけた様なメールが返ってきたのです。

妻とそのメールを見た時、凄~く不安な感じがしたのですが、
物件自体は魅力的だし、こういうメールを送る奴がどんな顔をしているのか
という所も少し気になり、店に行くことに決めました。

2、トイレに行きたいと言ったら「早くしてくださいね」
店に行くと、20代前半のノリが一番って感じの浅黒い男性が担当でした。

嫌味も込めて「お客さんあてのメールで顔文字って普通なんですか?」
と聞くと、

「ノリっすよ~売買って大げさに考える人もいますが、
良い物件に出会う人はノリとタイミングも大事なんで、僕のやり方なんです!!」

あぁ、そうですか。
勝手にやってください。

と思いながらも、とりあえずその物件を見たい旨を伝え、案内してもらう事に。

営業さんの車に同乗し、物件に向かっている最中、トイレに行きたくなったので
「ちょっとトイレに行きたいんで、コンビニの前で止めてもらっていいですか?」
と聞きました。

そしたら、
「え?まじっすか?この辺交通量多いんで早めにお願いしますね。」
と言われてしまいました。

ていうか、駐車場あるところや、交通量少ない所に止めりゃいいだろ・・・

まぁ普通の方なら、その時点で激怒する人もいるんでしょうが、
私たち夫婦は、「こいつ、この先どんな対応するのだろう」と、
逆にネタとして楽しみさえ増えてきました。
3、物件は写真マジックだった

物件は写真マジックだった

目的の物件の現地に着いて中に入ってみましたが、
広告の写真よりずっと狭く感じます。

「思ったより狭いんですね」
「それにもうちょっと綺麗にリフォームされてると思った」
と率直な感想。

そしたらそのゆとり君は
「これ、超広角レンズっていうカメラで撮影してるんですよ。
それでそのあとにフォトショップで明るさとか色味とか加工するんです!!
そしたら広さも綺麗さも5割増しの広告用の写真が出来上がるんですよね!!」
「これで結構問い合わせが来るんです!!」

と、見事に自分で「客を釣る為に写真を加工しました」とゲロったわけです。

しかも、悪気もなくニコニコしながら。。。

4、最後に妻の怒りの鉄槌
私も妻も、これでゆとり君ショーは満腹と思い、検討しますと現地から直接電車で帰る旨を伝えます。

そしたら
「困りますよ、僕だけ帰ったら、客に逃げられたと上司に思われるじゃないですか!!」
とちょっとキレ気味に。

そこで十分にゆとり君のぶっ飛んだ言動を聞いてきた妻が
「てめぇ、お客様に向かって客ってどういう事なんだよ!
いい加減にしろよこのゆとりボケが!!」

と怒鳴り散らし、その場で訪問した店を通り越し、
本社の代表電話にクレームの電話。

「この△△ってガキ、私たちを拉致ろうとしてんだけどどういう了見よ!?」

と・・・

さすが、元ヤン妻。

すごい剣幕で怒る妻が最後に、
「とっととイネやこのボケ」

と言う言葉で、すごく不満そうに1人で渋々帰っていきました。

その後、その会社の本社の部長さん、支店の店長が我が家にお詫びに訪問してきました。
別に、大手がいいとか、小規模が悪いとか、そういうのは関係ないと思いますが、
どうやら不動産の世界には、売買と言えど社会常識のない営業マンも結構多いです。

そういう人は、きっと契約になっても、色々とトラブルも起きる可能性が高いと思います。
私たちの当った営業マンは特殊かもしれませんが、
コンビニやファミレスだとこういう店員さんもいるんですよね。

不動産を買う時は、物件もそうですが、営業マンの言動などもしっかりと見たほうがいいと思います。
「え?マジっすか!?」