質問一戸建て売却の不動産会社の選び方

京都府八幡市の一戸建てを売却したいと思っています。 急いではいませんが、売却期間が長期化するのは避けたいです。
どこの不動産会社に依頼すればいいのか決めかねています。また、契約形態も専属専任か一般かで迷っています。不動産会社はどのようにして選べばよいでしょうか。

回答売却実績が大切です。

結論からいうと、不動産会社は周辺で売却した実績があり、且つ一戸建ての売却実績が豊富な不動産会社を選ぶべきです。また、媒介契約は専任媒介契約が良いでしょう。

まず、不動産会社選びですが、長期化せずにスピーディに売る方法は、そのエリアで物件を探している人を「顧客」として持っているかどうかが重要です。直近で売却実績があるということは、直近で広告活動をして集客を図っています。つまり、そのエリアで物件を探している人を既に顧客として持っている可能性が非常に高いのです。

その顧客がまだそのエリアで物件を探していれば、電話やメール、DMを送付すればすぐに検討してくれるかもしれません。また、そのエリアで買いたい人なので、無理な値引きをして自分が買えなくなるような事はしにくいです。そのため、過度な値引き交渉をしてくる可能性も低いと思います。

また、一戸建ての売却実績が豊富な不動産会社であると尚良いです。一戸建ては土地と建物があります。特に土地に関しては「境界」や「越境」など、不動産会社がチェックをしなければいけない部分が多いです。仮に、境界や越境を見落とすと、引渡後にトラブルになりかねません。そのため、一戸建ての売却実績があるかどうかは必ずヒアリングしましょう。

お薦めの方法は、一括不動産サイトで4~5社程度に査定依頼をすることです。複数の不動産会社に査定依頼をしないと、なかなか直近売却実績がある不動産会社には出会えません。このサイトなら数分でたくさんの不動産会社に査定依頼できるので、手間もかからずお勧めです。

また、媒介契約は専任媒介契約が良いと思います。専属専任でも良いと思いますが、とにかく一般媒介契約はあまりお勧めできません。一般媒介契約は複数の会社に売却依頼ができます。不動産会社からすると「自社で成約できるか分からない」という事です。

不動産会社は成約しないと仲介手数料が貰えません。そのため、成約出来るか分からない一般媒介契約では、人員を投下したり広告を投下したりしにくいのです。

一方、専任系の契約なら他に売却を依頼されている不動産会社はいません。そのため、自分達が頑張れば頑張るほど、成約出来る可能性は上がるので、一生懸命売却活動をしてくれるのです。