質問専任契約している不動産屋との契約を途中破棄したい

不動産屋と中古マンションの売却を専任契約したのですが、内覧が一件あっただけで、状況が良くありません。リフォームやハウスクリーニングも行い、売値を途中から150万円ほど下げても動きがありません。多少売値が下がっても、一刻も早く売却したいです。
即買い取りしてくれる不動産屋もあるようなので、別の不動産屋に売却したいと考えています。今の不動産屋との契約があと2ヶ月残っていますが、途中で契約破棄できますか?

回答原則は理由がなければ破棄できません

結論から言うと、その理由だけで媒介契約を破棄する事は難しいです。媒介契約は、宅建業法違反や明らかに不動産会社としての資質に欠如(応対や知識など)している時には解除できます。しかし、今回のケースの場合には不動産会社が宅建業法を違反したワケでもなく、大きな不手際があったワケではないように見受けられます。

ただ、不動産会社も売れ行きが悪いことは認識しているので、一度相談してみるのは有りです。それによって自分が不動産会社を替えたいほど不満に思っていることを伝える事ができます。もしかしたら媒介契約の解除を受け入れるかもしれませんし、もっと広告費用などを投下してくれるかもしれません。

もし、契約解除が出来ないのであれば(実際には厳しく指摘をすれば解除できる場合が多いですが)、もう一度販売戦略を練り直してもらいましょう。どこに住んでいる、どんな人をターゲットにするのか。その人達を呼ぶために、具体的にどんな媒体を、どのくらい、いつ投下するのか。この辺りの戦略を今一度練り直してもらいましょう。

いずれにしろ、媒介契約期間の満了時に備えて、今から次の不動産会社を探しておくと良いです。即買い取りしてくれる不動産会社に金額は算出してもらったのでしょうか?まだ算出まではしていないのであれば、すぐに算出してもらうと良いです。恐らく今の売り出し価格よりもかなり低い金額で提示されるはずです。

仮に、その金額を受け入れられれば買取を選択しても良いと思います。しかし、その金額では難しい場合も考えて、何社かの不動産会社に査定依頼をしておきましょう。その時には一括査定サイトがお勧めです。一社一社に査定依頼をするのは面倒なので、一括査定サイトを利用することによって数分の時間で5~6社程度に査定依頼を出来るからです。

今の不動産会社と媒介契約を結んでいる時でも、査定をすることには問題ありませんので、査定だけは進めておきましょう。実査定(実際に家を見る査定)まで何社かに依頼しておけば、次の不動産会社を決められると思います。

ここまで進めておけば、仮に今の不動産会社との媒介契約を解除する事が出来なくても、すぐに新しい不動産会社と媒介契約を結ぶことが出来ます。不動産の売却は「流れ」を途絶えてさせてはいけません。売却活動を一旦中止してしまったら、また再度「認知活動」が必要です。

そのため、新しい不動産会社の「査定」と「選別」は今からでも始めておいた方が良いです。