質問固定資産税の滞納があっても名義変更できるか

戸建て住宅の売却に関して質問です。
住宅ローンは完済していますが、固定資産税の滞納がある場合、名義などの変更はできるのでしょうか?

回答滞納したままでも売却出来ますが、返済した方が無難です

結論から言うと、固定資産税を滞納している場合でも名義変更などは可能です。ただし、いくつかの注意点があります。まず、固定資産税を滞納している事によって「差押え登記」がされているかどうかが重要なポイントになります。

差押え登記とは、今回のケースで言うと、管轄している税務署が一戸建ての土地と建物を差し押さえている状況です。物件を差押えらえると、所有者の処分権が失われます。つまり、所有者が自由に売ったり譲渡したり出来ないので、名義変更も出来ません。

ただし、これは差押え登記をしている名義人(大体が所轄の税務署)が、処分権を執行している場合に限ります。そのため、差押え登記されているだけの状態であれば、戸建てを売却して名義変更する事も可能です。

しかし、買主は差押え登記されたまま購入(名義変更)するので、最悪の場合は所有権を失ってしまう場合もあります。放っておくと最終的には裁判所によって競売にかけられ、強制処分になってしまう事もあるからです。

そのため、差押え登記がされている場合には、滞納している固定資産税を全て支払い、差押え登記を解除しましょう。さすがに裁判所に、競売にかけられるリスクがある物件に名義変更したい方はいません。

裏を返すと、固定資産税が未納でも、まだ差押え登記がされている前であれば、名義変更をしても問題ありません。あくまで、固定資産税の滞納分は売主だけの責任なので、その戸建てを新たに所有した人には関係ないからです。

ただ、物件売却中に差押え登記に入ってしまえば、当然買主にはリスクになるので、誰も名義変更したがらないでしょう。つまり、まだ差押え登記されていない場合でも、固定資産税の滞納分を返済した方が無難という事です。